太陽光発電とクリーンエネルギー

太陽光発電 太陽電池 ソーラーハウス クリーンエネルギー オール電化

サイトトップ > 発電買取システム

発電買取システム



太陽光発電や風力発電などで発電した電力を電力会社が高い価格で長期間買い取る「固定価格買い取り制度」などの実施で、再生可能エネルギーの導入量を2020年に現状の約2倍に増やせるとの調査結果を、環境省の検討会がまとめ、中央環境審議会地球環境部会に報告しました。

これにより経済産業省は、これまで電力会社がサービス扱いであった、発電された余剰電力買い取りを、義務化したうえで価格も2倍程度に引き上げに決め、平成22年度までに始めると発表しました。

電力会社としてはコスト増となって電気料金に転嫁するが、値上げ幅は標準家庭で月額数十円程度に抑えられるとのことです。

電力会社の現行の買い取りは、家庭用で1キロワット時あたり24円程度だが、これを50円弱に引き上げ、買い取り期間は10年程度を想定しています。 これにより、太陽光発電設置費用の回収15年程度といわれていたものが、10年程度に短縮されます。

政府と国内の太陽電池メーカー、住宅メーカーが共同で2009年度から住宅用太陽光発電システムの規格統一を検討しており、今後統一規格によるコストダウンによって、普及が進めば設備は値下がりすると見込まれるため、買い取り価格も引き下られます。
ただし、各家庭で発電を始めた年度に適用された買い取り価格は、契約期間中は固定するそうです。 また、売電だけを目的としたシステム導入は認められませんから注意してください。

太陽光発電システムは夜間は発電せず、昼も天候や設置条件によっては発電効率がかわります。効率の良い売電効果を考えてのメーカー選定、シュミレーションが大切になります。

現在世界で最も太陽光発電が普及しているドイツでは、07年末の総導入量は日本の191・9万キロワットに対し、ドイツは386・2万キロワットと差は2倍に広がっていいます。

また買取金額は、日本の現行買取価格の5倍もあります。(補助金のシステムはなし) 今後さらなる普及に向けて、買い取り価格は流動的に検討してもらいたいです。

太陽光発電とクリーンエネルギー書籍





グループホームページ

     
  家を建てる       住宅ローン.com    FPになろう


   かんたん相互リンク


SEO対策:太陽光発電|ソーラーハウス|オール電化|エネルギー|地球環境問題

太陽光発電のシステム一覧

太陽光発電を知る

太陽光発電のシステム

太陽光発電メーカー

クリーンエネルギー

太陽電池

コラム

リンク集


inserted by FC2 system