太陽光発電とクリーンエネルギー

太陽光発電 太陽電池 ソーラーハウス クリーンエネルギー オール電化

サイトトップ > 波力発電

波力発電

日本は四方を海に囲まれ波エネルギーの豊かな国の一つであります。
波エネルギーが簡単に大量に、しかも安く手に入れることが可能となれば、そのメリットは諸外国に比べ、大きいことからわが国ではこれまでに様々な方式の波力発電の研究が行われており、実際に海で実験を行ったものだけに絞っても十数例があります。

波力発電は波浪エネルギーによる発電で、波浪の上下運動を利用するものと水平運動を利用するものとがあり、発電装置の設置方式としては、海面に浮かべるものと防波堤などに固定するものとがあります。

波のエネルギーは、場所によってその特性が異なり、また時間や、日や、月、季節によってもその大きさが変化します。

例えば日本海側では、冬の季節風による波が高く、逆に夏期は比較的穏やかなことが多いのに対し、太平洋側は台風の時期を除けば、季節的な変動は少ないが、静穏な海が、何日も続くことはあまりなく、一年を通じて、1〜2m程度の波が常に押し寄せるています。

このように波力発電の環境に恵まれている日本ですが、これまで航路標識用のブイの電源として100ワットの波力発電装置が使われている程度で普及していませんでした。

原因としては太陽光発電や風力発電のように陸上部の工事と異なり、基本的に海上工事を伴い建設費が割高 になるし、高波浪時には工事が中断するわけで工事稼働率の面で一般的に不利とされてきたからです。

しかし、この度三井造船(株)、出光興産(株)、日本風力開発(株)の3社共同で日本初の本格的な波力発電所が太平洋沿岸に建設されることになりました。
波力発電所は、波により海面が上下する際のエネルギーでタービンを回して発電する仕組みで、太陽光発電と異なり波力発電は、夜間や雨天でも24時間ずっと安定供給できることから、稼働率30〜50%と10%強の太陽光発電より高くなり、1kWh当たりの発電コストも太陽光発電に比べ安く、電力会社の販売価格(約24円)以下になる見通しだそうです。

日本の地理的な位置を有効に生かせ、発電コストも太陽光発電より安くできる波力発電は今後大いに期待できるでしょう。

  

太陽光発電とクリーンエネルギー書籍





グループホームページ

     
  家を建てる       住宅ローン.com    FPになろう


   かんたん相互リンク


SEO対策:太陽光発電|ソーラーハウス|オール電化|エネルギー|地球環境問題

クリーンエネルギー一覧

太陽光発電を知る

太陽光発電のシステム

太陽光発電メーカー

クリーンエネルギー

太陽電池

コラム

リンク集


inserted by FC2 system