太陽光発電とクリーンエネルギー

太陽光発電 太陽電池 ソーラーハウス クリーンエネルギー オール電化

サイトトップ > 昭和シェルCSI太陽電池

昭和シェルCSI太陽電池

昭和シェル石油と子会社の昭和シェルソーラーが開発したCSI太陽電池が注目を浴びています。

CIS太陽電池とは、銅、インジウム、セレンの3元素からなる薄膜系の太陽電池のことで、構成する元素の組成比や濃度分布によって禁制帯幅とその分布を制御できるために,薄膜でありながら理論的には現在のシリコン結晶型太陽電池よりも高いモジュール変換効率を実現できるとされている。

現在供給不足になっているシリコンを使わず、使用する原材料が少なくてすむため、低コストでの製造ができる点が特徴で、将来性が見込まれています。

昭和シェルでは、07年に年産20MW規模のプラントを稼働させているが、09年には年産60MW機本第二工場の稼働を目指すといっています。
昭和シェルの太陽電池開発の歴史は他のメーカ(シャープ、京セラなど)と同様に古く、技術には信頼が寄せられます。



昭和シェルはアルバックと量産技術に関する共同開発を提携し、昭和シェルが確立した独自のCIS太陽電池製造技術に、アルバックが半導体やフラットパネルディスプレイで培ってきた真空装置技術を融合させ、より生産能力が高い製造装置の開発を行いたいと考えています。
販売面は昭和シェル石油の全国ガソリンスタンド網をフル活用し、新しいスタイルのスタンド経営を模索しているそうです。

太陽光発電は現在、国のてこ入れもあって、価格が大幅に低下しつつある中、ますます手頃な価格に向かっての 競争が期待できます。

太陽光発電は2020年には現在の20倍の可動を目指す方針が出されていますが、国際的な原料のシリコン確保が激化し困難な状況にある中、CIS太陽電池は今後需要を伸ばすことと考えられるでしょう。

  

太陽光発電とクリーンエネルギー書籍





グループホームページ

     
  家を建てる       住宅ローン.com    FPになろう


   かんたん相互リンク


SEO対策:太陽光発電|ソーラーハウス|オール電化|エネルギー|地球環境問題

太陽電池一覧

太陽光発電を知る

太陽光発電のシステム

太陽光発電メーカー

クリーンエネルギー

太陽電池

コラム

リンク集


inserted by FC2 system