太陽光発電とクリーンエネルギー

太陽光発電 太陽電池 ソーラーハウス クリーンエネルギー オール電化

サイトトップ > 円筒状太陽電池

円筒状太陽電池

アメリカのSolyndra社が開発した蛍光灯のような円筒状のCIGS系太陽電池が、順調に生産量を伸ばしており話題になっています。

同社は、注文を受けたが生産にまで手が回っていない契約を20億米ドル分以上抱えており、新たな工場建設に着手しています。

円筒状の太陽電池は、蛍光灯のような円筒状であることのメリットとしては、

1、出力が太陽の位置に左右されにくく、下面となる屋根からの反射も含めた360度の発電が可能。

2、地面または水平な屋根に傾けずに設置するため,モジュールを敷き詰めることで屋根の面積を有効活用できる。

3、チューブ間を風が抜けていくため、空冷効果が期待でき固定しなくても風に強い。

以上のような優れた特徴をもっています。



平らな屋根や屋上、地上などに簡単に設置でき、低コストでIGS型太陽電池を設置することがでるメリットがあります。

日本では三菱化学が出展しており、既に香川県のある物流センターの屋根にこの太陽電池を設置し,特に風に対する耐性を検証しているそうです。三菱化学の話では「現時点では,ボルトなどを使って固定しなくても風速48.8m/秒までは,飛ばされることがないことが分かったといいますから驚きです。

一基の「モジュール」の寸法は1820mm×1080mm×50mm,最大出力は191Wで9.7%の変換効率に相当するそうです。
三菱化学は今回の出展で顧客の反応を見て,太陽電池の製品ラインナップに加えるかどうかを決める考えです。

一方,韓国のOSolar社が,静岡県沼津市の小学校の屋根にSolyndra社の太陽電池モジュールを納入することを公表しました。

今後、日本のメーカーと世界的に評価されるメーカーの競合は、ますます激しくなっていくでしょう。

  

太陽光発電とクリーンエネルギー書籍





グループホームページ

     
  家を建てる       住宅ローン.com    FPになろう


   かんたん相互リンク


SEO対策:太陽光発電|ソーラーハウス|オール電化|エネルギー|地球環境問題

太陽電池一覧

太陽光発電を知る

太陽光発電のシステム

太陽光発電メーカー

クリーンエネルギー

太陽電池

コラム

リンク集


inserted by FC2 system