太陽光発電とクリーンエネルギー

太陽光発電 太陽電池 ソーラーハウス クリーンエネルギー オール電化

サイトトップ > 高速道路がソーラー発電所に

高速道路がソーラー発電所に

広大な大地にどこまでも続くファイウエー、アメリカ映画を見ていると必ず出てくるシーンです。
このどこまでも続く道路網にソーラーパネルを敷き詰めソーラー発電所にする計画がアメリカで実現します。

特に夏場のアスファルト舗装の道路は、灼熱地獄で周囲の気温を押し上げ、ヒートアイランド現象や地球温暖化の原因にもなっていますから、太陽光を吸収させてソーラー発電すれば一石二鳥の発想です。

この計画を考えたのは、Solar Roadway社でどのような仕組みかというと、道路の上にソーラーパネルを敷き詰め、その上にガラスを葺いてソーラー道路を作るそうです。
アメリカ連邦運輸省は2009年8月に、この計画に10万ドルの予算を付けたそうですから、実現が本格化しそうです。

Solar Roadway社の試算によると、アメリカの州間高速道路のすべてがソーラー道路になれば、アメリカで必要な電力のすべてをまかなえるそうですから凄い話です。

また、発電層にLEDライトを埋め込むことでセンターラインを表示したり、さまざまな道路標識を表示もできるし、ヒーターを埋め込めば雪を溶かすことができ、除雪が不要になります。

このように、いいことずくめの計画ですが「表面がガラスだと滑りやすいんじゃない?」という不安説も考えられます。

これについて、Solar Roadway社は最先端の研究者の協力を得てアスファルトと同程度に滑りにくいガラスでコーティングすることは可能だと説明しています。
最大の難点は、太陽光の光を遮る汚れや摩耗キズに対する対策だそうで、光触媒の作用と雨水によってある程度汚れを防ぐことは可能だが、清掃車を使うことも考えなければならないそうです。

計画の案の中には道路に屋根を設置してソーラーパネルを載せる計画もあったが、Solar Roadway社では今あるアスファルトをソーラー道路に置き換えるほうがコストの面でもエネルギーの面でも効率的だと言っています。

日本では民主党政権が道路無料化構想や計画道路見直しを打ち出していますが、このシステムですと道路を新設しても発電所として可動しますから無駄がなく、発電した電気を販売すれば高速道路の無料化も、他の予算に圧迫をかけず現実味をおびた話ではないでしょうか

とにかく実現が楽しみな情報です。

  

太陽光発電とクリーンエネルギー書籍





グループホームページ

     
  家を建てる       住宅ローン.com    FPになろう


   かんたん相互リンク


SEO対策:太陽光発電|ソーラーハウス|オール電化|エネルギー|地球環境問題

コラム一覧

太陽光発電を知る

太陽光発電のシステム

太陽光発電メーカー

クリーンエネルギー

太陽電池

コラム

リンク集


inserted by FC2 system